いつもにぎやかな東のリビング!口ゲンカに注意!




にぎやかな故に口ゲンカも多くなりがちな東のリビング。家族が自然と集まる楽しい家庭が築けます。しかし、ちょっと元気すぎる子どもがいたり、父親が不在がちになる面も‥。ブルー系や濃い茶系のインテリアでまとめると気持ちが落ち着きますよ!

日当たりが良く、南側に大きな窓があれば東の運気をさらに高めることができます。窓のそばには大きな観葉植物を1~2鉢置きましょう。

東のラッキーカラーである赤は、リビングで多用するには気が強すぎるのでワンポイント程度に抑えた方が無難です。真っ赤なソファに真っ赤なカーテンといった行き過ぎのインテリアにはしないように気を付けてください。ソファは茶系でクッションを赤にするといった感じで取り入れましょう!

カーテンの色に赤を持ってくるのは可です。全体のバランスを考えて程良く色を使いこなしてください。ブルーやピンクでも東の方位には合いますね!

リビングに置く家具類は、それ程高級なモノでなくても構いません。お手頃価格で明るいモノを選びましょう!

この方位にはどんな置物を置いても悪くはないのですが、剥製や骨董品はあまり吉とは言えません。あくまでも明るい感じを崩さないインテリアを心掛けてくださいね。

音と相性の良い東のリビングですから、積極的に「音」を取り入れましょう。ホームシアターなどを設置して、リビングで寛ぎながら家族が集まるなんていうのが理想的です。東か東南に置くと最高ですね!

私が過ごした東のリビング

東のリビングは朝型の人にはとても気持ちの良い空間になります。朝早く起きて、窓から差し込む日差しは眩しいくらい。というよりも眩しすぎてカーテンを閉めて過ごしていた程でした。日差しのせいでテレビが全然見えなくて、気持ちの良いはずの日差しが厄介者に感じた記憶があります。

午前中しか明るさが感じられない東のリビングは、早起きして、そのまま仕事に出掛けて行く朝には丁度いいのですが、休みの日などは午後にはすっかり暗くなってしまうので、私的にはあまりお気に入りのリビングではなかったですね。

周囲の建物の影響もありましたが、午後には電気を点けないと明るさはありませんでした。ただ、ボーッと過ごすには何とも言えない絶妙な暗さで、気が付くとよく居眠りしていましたね。

ブルーのカーテンにアイボリーのソファを置き、東にテレビと電話。その横には大きな観葉植物を置いて陰の気対策もしていました。子どもの頃から「落ち着きがない」という評価を得ていた私は、大人になっても喜怒哀楽と共存している状況ですので冷静さを保つことができるようにと考えた結果、ブルーを取り入れた次第です。

仕事運・健康運に影響を与える方位のリビングですので、所々に赤をプラスしたインテリアにしていたので、全て順調でしたよ!特別に良かった訳ではありませんが、平凡な毎日でしたね。

東のリビングは人気がある方ですが、賛否両論ありますね。私のようにあまり好まない方も結構いるのではないでしょうか?

ナチュラルインテリアにして、居心地の良い空間を作ってくださいね!




厳選した5つの電話占いサイトを辛口比較!

彼氏からプロポーズされ、「Yes」の答えを出すか迷った私が5つの電話占いサイトで相談をした結果から、ランキングを作ってみました。